ドライフルーツ人気ランキング マンゴー

日本そして世界中で一番人気のドライフルーツと言っても過言ではないのが、ドライマンゴーです。

栄養バランスも良く、特に良質のビタミンAを多く含んでいて、糖度が高い割にカロリー控え目な為、「果物の王様」と呼ばれることもあります。
マンゴーにはビタミンA、βカロチン、ビタミンC、葉酸が豊富に含まれ ています。



ドライフルーツ「マンゴー」人気ランキング

2019年12月8日 更新
+6位以下を表示する
+7位以下を表示する
マンゴーの原産地はインドからインドネシア半島周辺と言われておりますが、現在では世界中で栽培されており、ドライマンゴーも色々な国の物が登場しています。

一番人気はやはり「フィリピン産ペリカンマンゴー」をドライにしたものです。
ペリカンマンゴーには酸味がしっかりある為、砂糖をつけてドライフルーツにした際に、酸味と甘みのバランスが良くなりますし、しっとり柔らかい半生な食感が特徴です。

タイ産のドライマンゴーは酸味が少なく甘みが強いのが特徴です。
特に昔ながらのお砂糖を多めに使ったドライマンゴーはタイ産が多いです。

最近注目株なのが、カンボジア産のドライマンゴーです。
品種として甘みが強い為、お砂糖を使わずとも自然に甘いドライマンゴーができているそうです。

それ以外にも、オーストラリアのケント種、台湾の愛玉、セネガルや南アフリカといったアフリカ勢まで、今では本当に様々な国のドライマンゴーを味わえるようになっていますので、是非色々探してみて下さい。

ドライフルーツを選ぶ際に、つい無添加、砂糖がない方が良い!という方のご意見を聞きますが、お砂糖を使う事で水分値を高く、しっとりした仕上がりにする事が可能になります。
ドライマンゴーは、無添加の商品から、砂糖が付いた商品まで様々でていますが、無添加がが絶対に美味しいという訳ではないので、色々食べ比べをおすすめします。

食べ方としては、そのまま食べる方が一番多いと思いますが、お薦めなのはヨーグルトに一晩漬けてから食べる方法です。
お帰りマンゴーと呼ばれていますが、ヨーグルトの水分を吸ってマンゴーが生の様にぷるっぷるに戻ります。
とても美味しいマンゴーヨーグルトの出来上がりです。

デザートイメージの強いドライマンゴーですが、実はお酒にも相性が良いです。
クリームチーズとドライマンゴーをあえたものは、白ビールやシャンパン、白ワインとの相性が抜群に良いです。

ドライフルーツ フルーツ別人気ランキング

タイトルとURLをコピーしました