ドライフルーツ人気ランキング ブルーベリー

ブルーベリーの味は上品な甘さ、甘味と酸味のほどよいバランスが特徴です。

アントシアニン(ポリフェノール)が豊富に含まれていることで有名ですが、それ以外では食物繊維も豊富です。
果実は食物繊維を多く含む食材が多いですが、中でも多いといわれているバナナやキウイフルーツと比べてもその量は上回っています。



ドライフルーツ「ブルーベリー」人気ランキング

2019年12月8日 更新
+6位以下を表示する
+7位以下を表示する
ブルーベリーは、北アメリカ原産のツツジ科の落葉低木果樹です。

ブルーベリーは大きく分けて2種類あります。
「栽培種・カルチベイト」と呼ばれるブルーベリーと、「野生種・ワイルド」と呼ばれるブルーベリーです。

栽培種・カルチベイトのブルーベリーはハイブッシュブルーベリーという系統で、成木の高さは1.5m~3mほどになります。
栽培種の名前の通り、畑になって栽培される事が多く、果実は大粒です。

野生種・ワイルドのブルーベリーは、ローブッシュブルーベリーと呼ばれる系統で、成木の高さで数十cm程度の低木。
カナダ、北アメリカに育ち、果実はとても小粒です。人工的に苗の植え付けができない自生の果実だそうです。
栽培種に比べて野生種は味わいが濃厚で香りも強く、栄養価も豊富です。

一般的に栽培種のドライブルーベリーは、ジャムの様に上品な味わいになったものが多く、野生種は濃厚なベリーの味わいがある傾向があります。

ドライブルーベリーは、シロップの中に果実を漬け込む「インフューズド」と呼ばれる、ドライフルーツの中の水分と液糖を交換する製法で作られます。

このインフューズドする際に、漬け込む時間、シロップの原料、温度などが味の違いとして大きく出てきます。
甘味が強い所、香りが良い所、ブルーベリーの食感などメーカーによって違ってきますので、色々と食べ比べると面白いと思います。

一般的な食べ方はヨーグルトのトッピングにする事でしょうか。香りが強いのでシリアルやアイスクリームのトッピングにも合います。
少し手間をかけるのであれば、マフィンなどの焼き菓子には抜群の相性です。

ドライフルーツ フルーツ別人気ランキング

タイトルとURLをコピーしました